本文へスキップ

社会福祉法人 芳清会のホームページです。

TEL. 049-247-7311

〒350-1172 埼玉県川越市増形164番地

法人理念IDEA

法人理念

・忠恕 真心、思いやりの心で接する
・敬愛 敬い、慈しみの心を持つこと
・感謝 有り難く感じ、謝意の心を持つ


芳清会八瀬の里基本方針

1 基本方針
 開設以来、地域の高齢者福祉施設としての使命を果たすべく法人理念「忠恕・敬愛・感謝」を基に「地域に根ざした介護サービスの提供」を念頭におき業務を推進して参りました。その結果、人材面の育成と共に介護サービスの向上が図られ、経営基盤は安定軌道に乗ってきたものと思われる。そうしたなか、本年度は加齢と共に心身機能が低下するご利用者に対して、日々の生活を支えていくだけでなく、肉体的にも精神的にも維持向上を重視した自立支援の介護サービスに努めていきます。一方、地域における社会福祉法人としての使命が問われているなか、当施設としては、県が指向している社会貢献活動事業に参加し、地域のセーフティネットとしての役割を担って、さらに地域の人々から信頼される施設作りを目指した業務を推進していきます。また、今後予想される介護保険制度の変化に対応できる財務基盤をさらに強化する必要であるが、良質な介護サービスの提供を損なう事の無いよう努めると共に、諸物価の高騰、設備の老朽化対策を視野に入れて、極力ムダ等を省きコスト削減に努めて参ります。
2 重点施策
(1)利用者が安心した生活が送れるよう生活環境の向上に努めます。
   基本的人権を尊重し、明るく楽しい施設作りのために、施設の健全な環境保全に努めます。
   特に危機管理面については、防災対策の実施や日常事故発生の防止・感染症及び食中毒の
   発生防止に努めます。
(2)地域における高齢者福祉サービスの拠点として、地域の人々との連携を図り、
   地域福祉の向上に努め、地域住民の期待に応えられる施設運営を推進します。
(3)事業の永続的発展のために、健全な事業運営に努めます。
   法令順守を基本とし、堅実な事業計画の推進を行い、目標管理とコスト意識を堅持します。
(4)利用者の高齢化や重症化、多様化している介護ニーズに的確に対処するために研修等を通して
   職員の知識と介護技術の一層の向上を図り、施設運営や介護サービスの反映に努めます。
(5)特養が「終の棲家」として位置付けされているなかで、本人や家族が
   最期を施設での「看取り」を希望された場合、日常介護の延長として受入れを行っていきます。
(6)入居者の自立支援と快適な生活環境を目的とした「おむつ外し」に取組み、
   良質な介護サービスの提供に努めます。
(7)その他  時間管理、ボランティアの受入。



理事長ご挨拶 社会福祉法人芳清会理事長 岡田 力

CEO

 平成18年に開設し早や八ヵ年を経過いたしました。
 爾来、大きな事故も無く、今日まで事業が順調に推移できたのも、偏にご利用者を始め、関係各位並びに地域の皆様方の物心両面に亙る、ご支援ご協力の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。
 当施設は、全室・個室ユニットの、ご利用者のプライバシーを尊重した、ご利用者サイドに目線を置いた新型施設であります。何よりご利用者に在って「安心安全」「家庭の延長」の日々をお過ごしになられる、此れに勝る幸いはございません。
 わが国は、ご承知のように医療・介護・福祉を取巻く環境が、日ごとに厳しさを増し、加えて少子高齢化も極端に進展しています。
 ついに2013年、男女ともに平均寿命が80歳を超え、今後団塊の世代が75歳を迎える10年後には、人口の高齢者の占める割合が30%を超えると予想されています。
 我々役職員一同は、社会福祉法人の使命を再認識し、ご利用者が「安心・安全」で生きがいのある、人生をエンジョイされます事を念頭に「忠恕・敬愛・感謝」の理念の基「清く芳しい」事業運営を展開する所存であります。


法人沿革

2005年7月
社会福祉法人 芳清会設置
2006年2月
特別養護老人ホーム八瀬の里開業
2006年2月
ショートステイ八瀬の里開業
2006年2月
デイサービスセンター八瀬の里開業
2006年5月
ヘルパーステーション八瀬の里開業
2006年5月
居宅介護支援事業所八瀬の里開業




バナースペース

社会福祉法人 芳清会

〒350-1172
埼玉県川越市増形164番地

TEL 049-247-7311
FAX 049-247-7312